そもそも決算書って何ですか?

本日は決算書とは、どのようなものなのか?

解り易くご説明します。なるべく・・・

※ここに記載されている内容は、
とりあえず決算書が読める!
~貸借対照表と損益計算書のイメージをわずか15頁のレポートで理解する~
より抜粋しています。
(2006年11月に発行したものなので細かい点で現行法と異なる場合があります。)

■決算とは

企業には、事業年度(営業年度)があります。

通常は1年ですが、この期間の経営成績のまとめが、「決算」と考えて良いでしょう。

例えば、「ウチは3月決算です。」という会社の事業年度は、一般には

「4月1日から、3月31日まで」ということになり、決算日は3月末日を指します。

bspl-p3

■決算書の構造

正式には、「決算報告書」と呼ばれます。

・貸借対照表(Balance Sheet ; B/S)

・損益計算書(Statement of Profit and Loss ; P/L)

・キャシュフロー計算書(Statement of Cash Flow ; CF)

などの書類の総称です。

誰の為に?
 → 企業の株主、債権者等に報告するために作られています。

何を報告するの?
 → 企業の事業年度における、営業の概況、財政状態、経営成績を報告します。

というわけで、決算書(決算報告書)とは、

企業の財政状態、経営成績等を、

株主や債権者に報告するために、

まとめられる書類

と考えてよいでしょう。

中小企業の場合には、株主=社長といったケースがよくあります。

債権者の代表格には、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関が挙げられます。

要するに、融資(借入)を受ける時や、受けた後に提出するわけです。

【このブログ記事の内容を、転載、複写、する場合には必ずご一報下さい。
無断での転載、複写等は厳禁です。】

※ご質問受付 : SKSお問い合わせフォーム
一般的な仕訳 無料で教えます。

初心者のための経理実務セミナー ONLINE ブログトップへ
https://keiri3.wordpress.com/
SKSコンサルティング

広告

タグ: , , , , , , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。